不動産・不動産業者には高齢化が押し寄せている現実 【マンション売却にも影響が?】

マンション査定の7つのコツ|査定額を上げ高く売るならココ!

不動産・不動産業者には高齢化が押し寄せている現実 【マンション売却にも影響が?】

読了までの目安時間:約 5分

 


不動産・不動産業者には高齢化が押し寄せている現実 【マンション売却にも影響が?】

日本は高齢化社会に突入をしていきます。

日本の総人口は、2015年10月1日現在、1億2,711万人

2015年の国勢調査の集計結果によると日本全体の総人口に占める65歳以上の人口割合が3,392万人となり・・・なんと4分の1以上となる26.7%を記録した。

これは驚くべき数値となっている。

  • 内閣府
  • http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/html/zenbun/s1_1_1.html

これがあなたのマンション売却にとってどのようにかかわってくるのか・・・ちょっとチェックをしてみる。

高齢化社会おけるマンションの価値は?

高齢化になり、前述のように人口もヘリ、また平均年齢も上がっていく。

このような状況でマンションの資産価値とはどのようになっていくのだろうか。

人口が減るということは、子供が増えていないということ。これは結婚する人が少なくなっている。

結婚をしない男女はどこにいるのだろう。親と一緒に暮らしている。一人用の賃貸に住んでいる。寮に住んでいるなど・・・マンションとの需要はかけ離れていく可能性が高い。

世帯が増えないということは、需要減少の要因の一つに必ずなるであろう。

家余り・空き家が増える現代

高齢化社会により、受け継がれない家が増えている。地方を中心に家余り、さらには空き家の問題が出てきている。

現時点で空き家は日本全国で1000万戸を超えていると言われている。逆に新築や新しいマンションが建てられているのが不思議な状態とも言える。

住居やマンションなども、間違いなく2極化が進んでいることの表れであろう。

人口が減れば、必要な住居、マンション、アパートの数は減ります。古い家はそのまま放置で廃屋。人が入らなアパートもそのまま廃墟。

このような状況ではマンションなどの資産価値も減っていく可能性は十分考えられます。

大都市集中と東京

人口の増減を見ると、やはり大都市、そして東京の一極集中は今後も続くと考えられるでしょう。

しかし、注意をするのは東京23区なら大丈夫か?・・・というとそうでもない。今後数十年スパンで考えると、東京だからと言って安心ができない。

  • 中央区:14.4%増
  • 稲城市 9.4%増
  • 江東区 8.5%増
  • 港区 5.2%増
  • 三鷹市 1.8%増
  • 新宿区 1.6%増
  • 東村山市 0.7%増
  • 練馬区 0.6%増
  • 墨田区 0.6%増

国の研究所(国立社会保障・人口問題研究所 http://www.ipss.go.jp)によると人口が増えるのは9市区となっている。

10以下は減少となっているわけだ。ぜひ参考にしてもらいたい。

駅前不動産会社はコンビニより多い

さて、駅前に当たり前のようにある不動産会社ですが、日本全国でどのくらいあるかご存知でしょうか。

その数約30万社あるのです。

この数は日本全国のコンビニの数を遥かに上回っています。コンビニ数は約5万軒。なんとコンビニの6倍あるのです。

驚異的に多い、不動産会社ですが、例に漏れず高齢化の波が押し寄せています。

これがあなたのマンション売却における売却額にどのように影響されるか考えてみましょう。

不動産業者高齢化による影響

あなたもいつも使っている、スマートフォンやPC。そして普通に利用をしているネットのサービス。今日もラインやフェイスブックの書き込みをしたでしょうか。

このように普段慣れ親しんでいる、ネットのサービスから、実は不動産業者というのは、かなり離れている事実を知りましょう。

信じられないことですが、今現在も不動産業者の通信手段、コミュニケーション手段は「電話」「FAX」「紙媒体」となっている。

あなたのマンション物件情報が出ると、あなたなら「ネット」を介して一気に周知の状態になっているかと思いますが・・・悲しいことに、今でも電話やFAXで情報交換が行われていることが多々あります。

この背景には高齢化ということがかなり影響をしている。私達が普段なにげに使っているITデバイスやツールは高齢化対応するのはかなり難しい。

人件費も時間もかかるアナログを利用して情報交換をしていることが多くある不動産業界なのだ。

カラーのマイソクもFAXで白黒のボケボケで相手に伝わる事実があることを認識しておこう。

時間や人件費もかかり、品質もあまり良くないアナログの業者が良いのか、デジタルや広告に精通をしている業者が良いのか、そのあたりは自身できちんと確認する必要がありそうだ。

マンション査定・売却サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのマンション査定・売却サイトの3つだよ。

ちなみに私は1番の「ふじたろう」でマンション査定をお願いして無事売却を成功しました。それぞれのサイト、特徴や強いところがあるから、ぜひチェックをしてみてください。

ふじたろう
人工知能「ふじたろう」

「プロパティエージェント株式会社」東証に方法している。安心して利用できることも強み

中古マンションに関する査定ならまずここを頼りたい!と言ってもいいほど。「マンションを売りたい」と思ったら、まず頼っておきたいサイトです。

イエイ
イエイ

提携不動産屋は1000社にも上ると言われ、多くの不動産屋の査定額を一気に見らます。

不動産屋が無理な勧誘をすることを禁止。もしそれがあった場合は契約を解除するという「イエローカード」のシステムを導入しています。

イエウール
イエウール

「イエウール」の大きな特徴として、「提携している不動産屋の数がトップクラス」その数1400社!

査定サイトで1400社という数はかなり多い部類に入ります。自分のお目当ての不動産屋を見つけられる可能性が高く、頼りがいのあるサイトです。


あと、マンション売却って・・・初めてだとどうやっていいかわかりませんよね。そんな時は「マンション査定・売却経験談」をチェックしてみてください。やっぱり他の人の体験談ってめっちゃ参考になるはず。

管理人

マンション売るの考えている時、ホントに街の不動産業者だけの見積もりでいいの?大丈夫それ?本当はいくらで売りたいの?希望額とか無いのかな?業者査定行くにしても、まずはどのくらいの査定額出るか知りたくないですか?

なんの準備もしないで、自分のマンションの査定額も知らないで業者に行くなんて思うツボになるかもしれないよ。

>>査定サイト人工知能「ふじたろう」こちら(完全無料60秒で査定完了)

 

マンション売却で注意すること

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る