「非公開物件」のマンションはなぜ存在する?それは高く売れる?

マンションの売却には「非公開物件」というものも存在をします。いろいろな理由がありますが、一番の多い理由としては「売ることを周りに知られたくない」という希望が多いようです。

なるべく知られないように物件を売却したいという売主さんの気持ちは非常に良く分かるものです。

その他にも「プレミアム感を出すことができる」「面談優先」「情報漏えいを懸念」などいろいろな気持ちがあるようです。

非公開物件の思惑

非公開物件は情報として、広告やネットに出回っていない物件となる。

このような物件には掘り出し物などがあるかもしれないと感じるものなのだろう。前述の「プレミアム感」という感情と思われる。

このため一般の買い主さんから未公開物件(非公開物件)はないのかという問い合わせがやはりあるようだ。

基本的に物件が非公開になるのは、売主側の都合によることが一番の理由となる、この「非公開物件」・・・どのような思惑があるのか。

やはり一番の理由としては、前述の「自分が住んでいるマンション売却を知られたくない」という感情が一番多い。さらに、売却までの予定やスケジュールがまだはっきりしないなどの理由もある。

また、売主の信頼できる不動産会社1社オンリーに任せるというのがある。これは広告や情報発信を一切やらない方法。情報発信をしないということは問い合わせなど一切ない。それをよしとしているのだ。

これは仲介をしている業者の考えもある。非公開とすれば業者的には売主と買主の双方の間に立ついわゆる両手取引となる。これは業者的に売主側からの手数料、買主側からも手数料を受け取れるわけだ。

仲介手数料は600万円を超える場合3%+6万円が一方から受け取れる手数料の上限。

このような仲介手数料上限の存在より、売主からよい物件(安く優良な物件)の仲介を依頼された不動産業者は、物件を公開させずに自前で客を見つけようとするのは納得できる行動である。

また前述のプレミアム感を利用して購買満足度を上げるという理由もある。

非公開物件の注意点

前述のように優秀な不動産会社は、営業力が高く、よいマンション物件を安い値段で仕入れる能力がある。

であれば、自社が買手を見つけることが特だ。両手の手数料が入るというのは魅力的。

さらに、物件の売手は早急に買手が見つかる。そして最終的な買手は市場よりも安く物件を売ることができるという構図になり、本当に良いマンション物件であれば、売主、買い主、仲介業者のすべてがハッピーでウィンウィンということになる。

しかし、注意点もある。その物件があまりよくない、また劣悪物件の場合だ。

そのような場合、プレミアム感が武器になることも。

やはり非公開は不利になる

不動産会社の営業力や力がある場合を除き、やはり非公開は売主に取って有利になることは少ない。

あなたのマンションがどんなに良くても、それを世間一般を含め、本当に欲しいと思っているお客さんに知られなければ、そもそも買い手がいない状態。

なにはなくとも商品(マンション)を知ってもらうということは、一番大切なことです。

マンションをほしいと思っている方はもちろん、マンション購入の潜在客にもアピールすることは本当に大切。

非公開を考えている場合必ず行うこと

それでも非公開を考えている方もいるかもしれない。どうしても売却を知られたくないと思っている方もいるでしょう。

売却後のアフターフォローのことを気にする場合もある。さらに金融機関の融資関連もかかわってくる。

様々な理由がある。しかし、やはり非公開とすると売る側としては、リスクを背負うことになる。

そんなリスクを少しでも軽くするには、やはりあなたのマンションの適切な差定額を把握しておくことが一番のリスク回避だろう。

その数字を知っておけば、どのくらいのリスクを許容できるかもあらかじめ理解ができる。

まずはきちんと査定をチェックしてから、公開か非公開かを熟考するとよいだろう。