マンション売買における「手付金」のチェックポイント

マンション査定の7つのコツ|査定額を上げ高く売るならココ!

マンション売買における「手付金」のチェックポイント

読了までの目安時間:約 4分

 


マンション売買における「手付金」のチェックポイント

マンション売買における手付金は非常に大切な契約のポイントになる。

この手付金は売主、買い主に取っても双方に取ってメリットにもなれば、デメリットになる時もある。

双方から見た、それぞれのポイントをチェックしてみよう。

売主側から見た手付金について

マンション売却において買い主さんから申し込みがあり、それがキャンセルになってしまった場合、手付金はそのまま売主さんの懐に入ります。

仮に2000万円のマンション売却の契約が完了をしていて、1割の200万円の手付金として契約をされていた場合・・・もし、これがキャンセルとなってしまうと、その200万円がそのまま売主のものとなります。

200万円という、かなり高い金額に設定されていれば、買い主さんから見れば非常に高額。

そうなれば、買い主さんもちょっとした理由での解約は非常にやりにくくなる。きちんと買い主さんをホールドできる強みがある。

ところで、このような手付金だが、先ほどの1割というのは別に法律で決まっているわけではない。

そこで、手付金の割引などもある。当然だが、このような手数料や手付金などの経費を割引すれば契約の進みも早くなるであろう。

ただ、手付金が安くなれば、解約のやりやすさというものも出てくる。

契約が締結をすれば、売主さんは、他のよい条件での買い主さんが現れてもそちらと契約をすることは不可能だ。

買い主さんが契約を安易にキャンセルすることはないだろうが、引き渡しをするまではないもできない。

逆に解約をしやすいほど手付金を安くしてしまった場合、それがもとでキャンセルになってしまっては、売却も一からやり直し。もちろんそこまでかかった手間暇、そして時間もパァーになる。

手付金を放棄すれば、キャンセルできるという権利が買い主さんに行ってしまうわけだ。

さらに手付けに関しては、売主には非常にリスクのある部分が存在する。先ほどの良い買い主さんが新たに出てきた場合、既存の契約をキャンセルする場合を考えてみよう。

売主さん側都合のキャンセルの場合、預かっていた200万円を買い主さんに返金することはもちろん・・・その上でさらに200万円を買い主さんに支払う必要が出てくる。

いわゆる「売主の倍返し」というヤツです。

そうなると、先ほどの手付金の割引が生きてくることも考えられることになります。あまり有ってはならないことですが・・・

買い主側から見た手付金について

買い主さんが、その物件を本気で買いたいのであれば、手付金はそのまま売買金額に入るわけですので、ノーリスクです。

逆に、きっちりを物件の権利をおさえられるのですから、願ったりかなったり。。

しかし、もし売主さんが手付の値引きに応じてもらえるのであれば、それに乗るのも一つの手です。

手付が値引かれたとしても、売買金額に変更はありません。

しかし、世の中何が起こるかわかりません。売買がすすんでいる途中で「転勤」などという事態が発生しないとは限りません。

また、不思議なもので手付金を払い契約締結すると・・・良い物件が出てきたりするものです。そんなものです。

このような不測の事態に備えても、買主のほうから見てもできれば手付金は安いほうが良いと考えます。

手付金を安易に適当に決めてはいけない

以上の理由より手付金を適当に決めてはいけません。

手付金を含め、物事はバランスが非常に大切です。

そこで、物件価格の10%と頭から決めつけずに、一般的に多い100万円を中心に考えてみると良いでしょう。

売主側からも、買い主側からも手付を適当に決めないこと。

また手付金を入れ過ぎて公開をすることが案外と多いことも頭に入れておくと良いでしょう。

マンション査定・売却サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのマンション査定・売却サイトの3つだよ。

ちなみに私は1番の「ふじたろう」でマンション査定をお願いして無事売却を成功しました。それぞれのサイト、特徴や強いところがあるから、ぜひチェックをしてみてください。

ふじたろう
人工知能「ふじたろう」

「プロパティエージェント株式会社」東証に方法している。安心して利用できることも強み

中古マンションに関する査定ならまずここを頼りたい!と言ってもいいほど。「マンションを売りたい」と思ったら、まず頼っておきたいサイトです。

イエイ
イエイ

提携不動産屋は1000社にも上ると言われ、多くの不動産屋の査定額を一気に見らます。

不動産屋が無理な勧誘をすることを禁止。もしそれがあった場合は契約を解除するという「イエローカード」のシステムを導入しています。

イエウール
イエウール

「イエウール」の大きな特徴として、「提携している不動産屋の数がトップクラス」その数1400社!

査定サイトで1400社という数はかなり多い部類に入ります。自分のお目当ての不動産屋を見つけられる可能性が高く、頼りがいのあるサイトです。


あと、マンション売却って・・・初めてだとどうやっていいかわかりませんよね。そんな時は「マンション査定・売却経験談」をチェックしてみてください。やっぱり他の人の体験談ってめっちゃ参考になるはず。

管理人

マンション売るの考えている時、ホントに街の不動産業者だけの見積もりでいいの?大丈夫それ?本当はいくらで売りたいの?希望額とか無いのかな?業者査定行くにしても、まずはどのくらいの査定額出るか知りたくないですか?

なんの準備もしないで、自分のマンションの査定額も知らないで業者に行くなんて思うツボになるかもしれないよ。

>>査定サイト人工知能「ふじたろう」こちら(完全無料60秒で査定完了)

 

マンション売却で注意すること

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る