マンションの売却前に準備をしておきたい6つの項目

マンション査定の7つのコツ|査定額を上げ高く売るならココ!

マンションの売却前に準備をしておきたい6つの項目

読了までの目安時間:約 6分

 


マンションの売却前に準備をしておきたい6つの項目

マンションを売ろう!そう決めたあなた。マンションはあなたが考えているほど簡単に売買は進まないことが多々あります。

そもそも物件を売買するときには、売却を進める前に用意することがかなりあります。買取店に持っていって売却できる本やDVDとは違うのです。

マンションなどの物件売買はタイミングや運が非常に大切。その運やタイミングを逃さないためにも、準備をしておきたいことをチェックしてみよう。

権利証を用意しておく

マンションの権利証とはあなたのマンションがあなたが所有者ということを国が認めた権利の書類となります。

マンションの登記の際に登記申請書と同じ内容のもの(副本)を法務局にだします。登記が完了したときに「登記済」の印を押して還付してもらったものとなります。

この権利証がなければマンションを売却することはできません。あらかじめその権利証の所在を確認して用意をしておきましょう。

権利書は登記済証ともいい、登記の権利者であることを証明する書面です。次に売却する場合は 登記申請に必要です。

しかし、権利書がなくても不動産の権利は直接の影響をうけません。少々時間がかかりますが、権利があることが証明できれば売却も可能となります。

権利証が無い、紛失した場合

権利証を紛失した場合、司法書士にマンションの所有者で間違いないという書類を作ってもらう必要があります。

マンションなどの売却はタイミングが非常に大切。そのため、いざこのような書類が必要な時、無いと・・・書類作成のタイムロスのため、売却タイミングを逃すことが多々あります。マンション売却を決断したら、いの一番に権利証の確認をしましょう。

借り入れをしている

マンションの購入時にローンを使っている方がほとんどと思います。そしてマンションを売却しようと思った時にローンが残っている場合も多いでしょう。

ローンが残っていると、マンションに抵当権が付いているはずです。当然ですがこの抵当権が付いたままではマンションは売れません。

この場合、あらかじめ銀行などに対してマンション売却後抵当権を外すという話を通しておく必要があります。

売却金額を使い、一括返済の場合が多いでしょう。

契約後の依頼でもいいのですが、これもタイムラグが発生します。特におかねの移動となるとすぐに対応が難しい場合が多いので、少なからずこのようなことは準備をしておくことです。

またローンでフラット35などを利用している場合、書類準備などに時間がけっこうかかりますので、念頭に置いておきましょう。

複数人の所有者がいる場合

複数の所有者が存在する場合もあります。

共有名義の物件を売却するためには、名義人全員の合意が必要です。

売却の際には「売却額はいくらか」「値引きはいくらまで」「所有者の誰が契約をすすめるのか」などという取り決めも大変重要。

この手のコトをきちんと決めておかないと、契約の際に所有者同士でのもめごとの元になります。

マンションを相続した場合

親所有のマンションなどを相続している場合、そして、その物件に住んでいる場合は、速やかに相続登記をすませることおすすめします。

マンションなどを譲り受け、相続を受けた方の名義になっていない場合、その物件を売却することは不可能です。

売却の流れを理解・確認をしておく

マンションを売却することを決意した場合、その流れというものを把握しておくことは非常に大切です。

色々なパターンがありますが、ざっと以下のような流れで進めます。

  • 売却相談・売却査定
  • 媒介契約・売り出し開始
  • 価格交渉・売買契約
  • 決済・登記・引き渡し

かなり大変な作業となります。

不動産会社さえ決めてしまえば、売り出しはかなり早くスタートできます。しかし、買い主が現れるのは、こればかりは運やタイミングも絡んでくるもの。

またこれらすべて完了をするまで、早くて3カ月程度。通常は半年かかることも普通にあることを頭にとめておきます。

マンションの売却相場を知っておく

これまた、当たり前のことですが・・・マンション売却価格は売主であるあなたが自由に決めることができます。

好きな価格で売り出せます。

しかし、ことはそう簡単ではありません。

前述のようにマンション売却まではかなりの時間がかかります。

相場も知らず、好きな価格で売りだすと、どうなるかといえば・・・売れません。売れ残るわけです。相場より高くなると売れないことは当たり前のこと。

そうなると、年を超えることも十分予想できます。年を越すということは・・・「築年数が増える」ことになります。年式が古くなるとさらなる値下げも予想されます。

最初の価格よりも、相当下げることも考えられます。売れるまで時間はかかる、さらに最初考えた価格より安くなる・・・これどうでしょう。

このようなことを防ぐために、絶対に確認することは周囲の相場、そしてあなたのマンションの相場をキチンとおさせておくことになります。

マンション査定・売却サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのマンション査定・売却サイトの3つだよ。

ちなみに私は1番の「ふじたろう」でマンション査定をお願いして無事売却を成功しました。それぞれのサイト、特徴や強いところがあるから、ぜひチェックをしてみてください。

ふじたろう
人工知能「ふじたろう」

「プロパティエージェント株式会社」東証に方法している。安心して利用できることも強み

中古マンションに関する査定ならまずここを頼りたい!と言ってもいいほど。「マンションを売りたい」と思ったら、まず頼っておきたいサイトです。

イエイ
イエイ

提携不動産屋は1000社にも上ると言われ、多くの不動産屋の査定額を一気に見らます。

不動産屋が無理な勧誘をすることを禁止。もしそれがあった場合は契約を解除するという「イエローカード」のシステムを導入しています。

イエウール
イエウール

「イエウール」の大きな特徴として、「提携している不動産屋の数がトップクラス」その数1400社!

査定サイトで1400社という数はかなり多い部類に入ります。自分のお目当ての不動産屋を見つけられる可能性が高く、頼りがいのあるサイトです。


あと、マンション売却って・・・初めてだとどうやっていいかわかりませんよね。そんな時は「マンション査定・売却経験談」をチェックしてみてください。やっぱり他の人の体験談ってめっちゃ参考になるはず。

管理人

マンション売るの考えている時、ホントに街の不動産業者だけの見積もりでいいの?大丈夫それ?本当はいくらで売りたいの?希望額とか無いのかな?業者査定行くにしても、まずはどのくらいの査定額出るか知りたくないですか?

なんの準備もしないで、自分のマンションの査定額も知らないで業者に行くなんて思うツボになるかもしれないよ。

>>査定サイト人工知能「ふじたろう」こちら(完全無料60秒で査定完了)

 

マンション売却で注意すること

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る