マンションを高く売却する戦略:4つの考え方

マンションを売りたい。それも高く売りたい。それは誰しも思う普通に考えることです。売主の最優先事項はとにかく「高く」売りたいということ。

さらにできるだけ「早く」売りぬけたいということも当然つけ加わります。

この2つの事項。「高く」「早く」がマンション売り主の合言葉になります。

しかし、ちょっと待て。マンションを高くさばくためには、あなた自身の考え方、戦略も必要になる。

マンションを売るにはある程度の時間がどうしてもかかる

マンション売却にはそこそこ時間が必要だ。そりゃ、売りだしをして1、2週間とかで売却完了!などという幸運もあることはある。

しかし、基本的にマンション売却には最低でも2カ月。できれば3カ月という期間を見て置くことはとても大切だ。

めっちゃ早くさばけたというのは、もちろん幸運や時の運ということもありますが、もしかしたら・・・周辺相場よりも価格が安かったという詰めの甘さもあるかもしれません。もちろん知らなければ、それもいいことかもしれませんが・・・

また、もうひとつ念頭に置いておくのが、売却を完了してからあなたの元へお金が入ってくるには時間がどうしてもかかるということです。

決済まで当たり前のことですが、時間がかかる。これは仕方ない。

そのマンションを出て行くのですから、引っ越し先を見つける必要もある。さらに言えば、新しくそのマンションの家主になる人も、お金の工面やローン関連のことで時間がかかる。

そんなことを考えれば、普通に1、2週間でことが終わるわけがない。

以上より、通常マンション売却が完了という一連の作業が完了するには数週間では終わらない。数カ月はもちろん、半年くらい見てもいいのではないだろうか。

実際の不動産屋さんに対する相性

不動産屋さんは検索エンジンではありません。クローラーが回ってアルゴリズムで判断するわけではありません。人と人が会って、話をして詰めていきます。

あなたが今まで愛情を持ってきたそのマンションの部屋。愛着があり、そして次に渡る人もいい人であることがうれしいことは言うまでもない。

それはどういうことかというと、その間に入る不動産屋さんを気にいるかということがかなり重要だ。

不動産屋さんと腹を割って話ができなければ、あなたのマンションのいいところや、アピールポイントも情熱をもって話すことができないだろう。

これからマンションを売却するために不動産屋さんはあなたと一緒に戦ってくれるチームメイト。そのチームメイトとそりが合わなければ、どうなるかわかりますよね?

たとえば、2つの不動産屋さんがいて、Aは価格などの条件がいいけど相性がいまいち。Bは少々落ちるが、めっちゃ気が合う。いろいろ話をすることができる。

この2つをどう考えるかで、実際売却に踏み切る際は変わってくるだろう。

当たり前だが、地元の不動産屋さんがいい

マンションの良いところ、悪いところは住んでいるあなたが一番よく知っている。

その話をしたとき、一番理解をしてくれるのは当たり前だが地元の不動産。できれば近くの不動産屋さんがいいということは、普通に考えて当たり前。

たとえば、雨が降った時どこが冠水するとか、朝晩はどこが渋滞するとか、ここは便利だがここは不便とか・・・地元でしかわからないことを理解するのは地元ならでは。

表面的な査定、駅からの距離や築年数、何階所有部分などは誰がやってもデーターベースで一緒です。

もし、あなたがマンションの売却をする場合、地元以外、また全然関係ないところを選ぶでしょうか。

地元のいいところや、アピールポイントを示すことができるのは当たり前だが、地元の不動産屋さんでしょ?

不利な部分やウィークポイントを理解したうえで、それをもアピールポイントにできる場合があるわけです。

いくつかあたるのはもちろんだけど、やはり決め手になるポイントは、その不動産屋さんは地元を知っているか?ということは大きいファクターだろう。

売る際のポイントをきちんとしておく

マンションを売却する理由とは多岐にわたる場合があるだろう。それが借金返済などある程度時期を決めなくてはいけない場合などは、考える必要がある。

時間スパンがある場合、不動産会社やプロにお願いをして、マンションを買ってもらうなどのことも考慮に入れることを頭に置いておこう。

さて、じっくり時間があれば、その限りではないが、どうしても時間がない場合、このようなケースになる。いたしかたないことだが、当然、相場よりも割安になることは飲み込む必要がある。

逆に「購入出来ない」「支払いができない」「ローンが通らない」などの個人的な理由による白紙撤回はないので、そのあたりは安心だろう。

以上のことを考えると、高く売却したいことと、時間軸はある程度関係性がある。それでも泣かなくてはいけない部分があるのであれば、売る際のポイントをしっかりと把握しておこう。

いくつかの査定依頼をお願いする

マンションなどの住居に関することは個人の好みが色濃く反映されます。

ただの買い物レベルであれば多少の高い安いは関係しませんが、人の一生の高い買い物ランキング絶対3位以内に入る不動産購入は大変だ。

人はわがままな生き物で、あなたのマンションを完全に気にいる人はいないかもしれません。また「キッチンがもっとひろければ」「リビングの向きがこうだったら」「もと上階だったら」「和室があれば」・・・もうめんどくさいな・・・

こんなめんどくさい人が多いのも、売却時には感じるものです。めっちゃ面倒。

しかし、安心してください。あなたのマンションを気に行ってくれる買い主さんは必ず現れます。それには上記の時間をきちんと確保する、よい不動産屋さんを見つけるなどを念頭に置くことは非常に大切。

さらにいくつかの査定をお願いして適切な査定額算出がとても大切になります。

その部分をおろそかにして高く売却は夢物語になるでしょう。