マンション売却で「干される」ことがある?それって何?その理由と対策

あなたがマンションを売りに出して、なかなか売却に至らないケースというものがあります。

そればかりか、内覧や見学の申込みもナシのつぶてという状態に陥り、1ヶ月たっても見学が1組もなし・・・このようなケースも実際にあるようです。

不動産業界の「干す」とは?

不動産屋にマンション売却をお願いしている場合、このようにまったく内覧も見学もない場合、やはり不安になりあなたは連絡をするでしょう。

しかし、業者の返事は「頑張っています」「もう少しです」などと言うばかり。

そして、次に出る言葉は・・・「どうでしょう・・・少々値段を下げてみては?」と提案をしてきます。

当然ですが、安くなれば売却はしやすくなります。

また、裏では他社から問い合わせがあるにも関わらず、それに答えることはしません。

このように他業者からの問い合わせやお客さんに対して答えることはせず、自分で買い主を見つける行為・・・それは業者自身で、手軽に簡単に売れそうな売却価格まで値段を下げさせる行為を「干す」と業界的には言うのです。

「干す」ことで不動産業者は得をする?!

たとえば、あなたのマンションを5000万円で売却を出しているとします。

あなたが売却を希望した不動産会社Aではこの物件を購入するお客さんが出てきませんでした。

しかし、この物件、他の不動産業者Bにも販促活動をしてお客さんを紹介してもらえればいいのですが・・・そうなると、どのようになるかというと、以下の表になります。

業者 手数料 合計
不動産会社A 5000万円×3%+6万円 売主手数料156万円
不動産会社B 5000万円×3%+6万円 買主手数料156万円

他の業者にお客さんを紹介してもらった場合、買主さんの手数料は紹介をした不動産会社Bに渡ります。

そう、もうわかったかと思います。

「干し」て売りやすい価格まで下がった場合、不動産会社A自身が取引をできることになります。

たとえば、5000万円から200万円ずつ2回に渡り値下げを実施して4600万円で売却できた場合・・・

業者 手数料 合計
不動産会社A 4600万円×3%+6万円 売主手数料144万円
不動産会社A 4600万円×3%+6万円 買主手数料144万円

一つの手数料自体は下がりますが、売主からの手数料も買主からの手数料も総取りできることになるのです。

他の不動産会社からお客さんを紹介しますと連絡が入っても、申し込みが入っていると断わったりします。購入申し込みをもみ消すなどというひどい例も存在するようです。

たしかにこのような形になってしまえば、表向きには全く見学も内覧の連絡もない形になり、何も知らない売主さんは不安になり、値下げという手段に応じてしまうかもしれません。

干されないようにするにはどうするか?

このようなことや、このような言葉がある事自体問題ですが、実際に現場では行われていることに驚きです。ではどうすればよいでしょう。

実際この干すということをすれば、不動産会社、買主さんは得をしますが、売主さんだけ一人で損をしてしまいます。

そして、あなたからの仲介手数料が減ったとしても、本当であれば紹介をしてもらえた他の業者さんに行くべき、買主さんの手数料も持っていくという「両手」を狙っているのです。

前述の例ですと、あなたは400万も損をしているのに、不動産会社は手数料が倍になります。

これが不動産屋と買取業者がグルになってやられる場合は、どうにもなりません。

あなたのマンションが・・・たとえば駅から遠かったり、上限が多少悪い場合の人気に不安がある場合などはなおさら。

逆に不動産屋が強気の値段設定をする場合なども要注意となるわけです。

これを防ぐには、まずあなたがきちんと勉強をして知識を備えること。さらにあなたのマンションの査定額をきちんと理解すること。これにつきるわけです。