マンション査定額とはどのように算出されるのか?要チェックだ!

マンションを売るときに、まず知っておきたいのが「査定額」。

査定額とは「どのくらいの金額で売れるのか」というマンションの資産価値のことを言います。

せっかく売るからには、少しでも高く売りたい!そんな査定額がどうやって算出されるのか?をまとめました。

ほとんどの人が不動産会社に頼んでマンションを売っています

自分のまわりに「マンションがほしい」という人がいて、その人との間で個人的に売買契約ができたなら別ですが(といっても、この場合でも間に専門家を入れた方がいいと思います)、そうではない場合、ほとんどが不動産会社に頼っての買い手探しになります。

不動産屋に頼んで、値段をつけてもらって買い手を探してもらうわけですね。

この時、不動産屋はそのマンションの資産価値を見て値段をつけ、そのお値段で売りに出します。

同じ条件のマンションですから、「どの不動産屋に頼んでも査定額は同じだろう」と考える人も多いのですが、実は業者によって査定額が違ってくることも多いです。

それが時にかなり大きな差になることも多いので、「査定は複数の不動産会社に頼むべき」と言われているわけですね。

マンション査定にかかわってくる3つの算出方法

マンションの査定をする時は、以下の3つの方法を利用して行います。

原価法

そのマンションをもう一度作るには、どのくらいのお金がかかるのか?・・・を算出します。

すでに何年かの年数が経過しているマンションですから、もう一度作るにしても新品のものを用意する必要はありません。

したがって、新品で買った時よりも安い材料費で家を作ることができます。

作り直した場合のことを考えて査定額を算出することを原価法と呼んでいます。

収益還元法

その物件を貸し出したときに、どのくらいの収益を得ることができるのか?という計算方法。

物件は、条件によってだいぶお値段が変わってきます。

その条件によって、貸し出したときに得ることができる収益も違ってきますよね。

貸したときの価値から得られるであろう収益を計算して価値を図るという方法が「収益還元法」になります。

取引事例比較法

同じような物件が、過去にどのような条件で取引されたか?を見るのが「取引事例比較法」です。

近隣のマンションや、同じマンションの別の部屋などが売りに出されたときはそこから取引事例を見て査定額を算出することができます。

物件の条件が似ていれば、そのお値段で売れる可能性があるということですからね。

この「取引事例比較法」は、一般人でも過去の事例を見ればなんとなく査定額の予想ができるので「自分たちでもできるのでは」と思いがちなのですが・・・物件って「いつ売ったのか」によってもだいぶ資産価値が変わってきます。

なので、やはりプロに査定をお願いした方がいいです。

意外なところで物件の価値が変わっている可能性がありますからね。

マンション査定は必ずいくつかの業者に比較してもらいましょう!

マンションの査定をするときは、いくつかの業者にお願いして「どのくらいの価格になるのか」の比較をしましょう。

業者によってつける査定額は違いがありますので、最初に「この不動産屋にお願いしたい」という事情があるわけではない限り、複数の業者をみて比較することが大切です。

今は、物件を直接見てもらわなくても大体の条件のみで査定額を出せる「机上査定」というものがあります。

もちろん、これではっきりとした査定額を知ることはできませんが「大体の価値を知りたい」と考えるなら、これでも十分です。

まずは大まかな査定額でもいいのでいくつかの業者にお願いして比較をしてもらい、そこから一番高く売ってくれる業者に売却をお願いしてみてはいかがでしょう。