査定額は不動産会社・担当者で変わってくることがある

マンションの査定額が、不動産会社や担当者で違うというのはご存知ですか?

同じ物件なのに、どうしてこんなに違いが出てしまうのでしょうか?気になりますよね。

なぜ担当者によってこんなに査定額が異なるのかをまとめてみました。

「慎重派」「楽天的」…不動産会社にも色んな人がいる

査定額が変わってくる理由はいくつかありますが、意外に大きいのが「不動産屋の人の性格」です。

「性格で金額を決められたらたまったもんじゃない!」という人がいるかもしれませんが、これにはちゃんと理由があります。

楽天的な人だと「大体このくらいの値段だろう」という気持ちで、自然と高い値段をつけてしまうことがあります。

サービス精神が旺盛で、「素晴らしい物件ですよ!」という気持ちから高め設定の料金をつけることもあります。

でも、これが慎重な不動産屋だと「何かあった時に何も言われないように」という気持ちから低めの設定で出すことがあるのです。

不動産屋の考え方の違いです。

ただ一つ言えることは、高い値段をつけたからといってその不動産会社が「いい不動産屋」とは限らないこと。

逆も同じです。

低い金額を付けたからと言って、悪い不動産屋というわけではありません。

「できるだけ早く売りたい」という場合は、慎重な不動産の方がいいかも

では、どうやって売却する不動産屋を選べばいいのでしょう。

それは、マンションを売る側の事情によります。

例えば、買ったマンションを売って別のところに引越しをするとしますよね。

引越しをするとなるとその土地にいなくなる可能性がありますので、できるだけ早めにマンションを売却してしまった方が楽です。

こういう場合は、抑えめの値段でも早く売ってくれそうな不動産屋を選ぶといいでしょう。

遠方に住みながら、元いた場所のマンションの管理をするのはたいへんなことですからね。

逆に、「最初に高めのお値段で売ってみる」というのもアリ

不動産を売るとなれば、できるだけ高く売りたいというのが本音でしょう。

「早く売りたい」という場合を除き「安くてもいい」という人は本当に少数派です。

もし、高めのお値段設定で査定額をもってきが業者がいたら、とりあえずはそれに乗ってみるというのもひとつの方法です。

そのお値段で売れれば、得なわけですからね。

もし売れなかったら、少しずつお値段を下げて売れるのを待つわけです。

とはいえ、最初に高い値段をつけすぎてしまうとずっと買い手がつかず、その間に物件の相場自体が前よりも安くなってしまう可能性もありますので、注意しなければなりません。

査定は必ずいくつかの業者にお願いすること

査定を受ける場合は、必ずいくつかの業者に物件を見てもらいましょう。

業者によって物件にどんな値段をつけるかは違ってきますが、値段をみて決めてしまうのではなく不動産業者がどういった理由でその値段を付けたのかについても調べた方がいいです。

どうしてつけられた値段に差があるのか、そこをはっきりさせる必要があります。

上述した通り、仮に安めの値段で販売していたとしても、そこにきちんとした理由があるのであれば「悪い不動産屋」と決めつけるのは早計です。

不動産屋に関しては、お値段を含め色々な視点で比較をして「どこにお願いするか」を決める必要がありますので、納得がいくまで業者と話し合いをすることをお勧めします。

マンションは誰にとっても大切な財産であるはず。

それを納得のいく形で売ることが出うることができるかどうかは、売る側の仲介業者選びにかかっているということを頭においておきましょう。

大切な財産のマンションの価値を理解してくれ、「ここになら資産を任せてもいい」と思えるような業者との出会いがあることをお祈りします。