マンション売却にかかる費用はおさえておこう【マンション売却にかかる費用4項目】

マンション査定の7つのコツ|査定額を上げ高く売るならココ!

マンション売却にかかる費用はおさえておこう【マンション売却にかかる費用4項目】

読了までの目安時間:約 5分

 


マンション売却にかかる費用はおさえておこう【マンション売却にかかる費用4項目】

マンションの売却をすると、かなり多額なお金が動きます。普通のお小遣いレベルではない金額が動きます。

当然ですが、数百万から数千万円レベルは普通に動くわけです。

その中で、一番大きい金額が実際のマンション売却に伴う「売買金額」となります。

しかし、マンションを売る場合、売主が払わなくてはいけない費用もあります。その4項目を見ていこう。

マンション売却:譲渡取得税

不動産を売却したときにかかる税金のことを「譲渡益課税」といいます。

利益(儲かった金額)によって「住民税」と「所得税」がかかります。たとえば2000万円で購入したマンションが2500万円で売れた場合500万円の利益が出たことになります。この場合、利益の500万円に税金がかかります。

しかし、ほとんどの場合、(投資でないので)購入金額より高く売れることは少ないでしょう。そのため所得税がかかるケースはあまりないでしょう。ただ、今後東京オリンピックなど景気の左右がある場合、値上がりも予想されます。

(うれしい)もしもの場合の時を考え頭の隅に置いておきましょう。

同様に住民税も利益が出た場合に課税されますので、こちらも高く売却で来た場合のことを考えおぼえておきましょう。

マンション売却:仲介手数料

不動産会社の主な収入源となります。これが仲介手数料。

この仲介手数料の上限はマンションの売却価格により変わってくる。

  • 200万円以下:5%+消費税
  • 200万円-400万円以下:4%+消費税
  • 400万円を超える:3%+消費税

ところで、法律で定められているのは上限額となっている。

不動産会社が受け取るべき仲介手数料の金額ではない。つまり、不動産会社が仲介手数料を無料にしたところで、法律に違反するものではありません。

マンション売却:印紙税

マンション売却時にかかる印紙税とは、契約書などを作成する時に国に収める必要のある税金・・としての印紙にかかる金額。

マンション売却には契約書が必要になる。主な契約書は以下。

  • 不動産の売買契約書
  • 建物の建築請負契約書
  • 借入のための金銭消費貸借契約書
  • 領収書などの課税文書

これらの契約書類を作成した場合に課税される国税です。

作成した文書の所定の場所に収入印紙を貼付し消印をして納税をする。

また印紙にかかる費用はマンション金額が1000万円-5000万円以下なら1万円。5000万円-1億円以下であれば3万円となります。

印紙は契約書1通に付き1枚必要。契約書は通常売主、買い主それぞれ1通必要なので2枚が必要。それぞれ自身が持つ書類文を負担する。

まっ、大体において自身で用意することはなく、仲介をした不動産会社が用意する場合がほとんど。契約日に印紙分の金額を現金で払う。

マンション売却:司法書士費用

マンション売却では法律がかかわってくるため、司法書士が関係をしてきます。マンション売却において深くかかわるのは以下の2つ。

抵当権抹消登記

抵当権抹消登記とはマンションにある抵当権を外す手続きの作業となります。

一般的に抹消費用は「報酬 1万円」「登録免許税 建物、土地1筆で2000円」「交通費等 数千円」以上トータル2万弱となる場合がほとんど。

売渡書類

売渡書類は契約書とは別に作成する。

一般的には売主、もしくは買主からの依頼により、登記手続を担当する司法書士が、不動産売買契約書を基に作成する。

マンションの売買金決済の時に完了の証明として売主、買い主にサインをもらい登記所に提出する。そして所有権移転の登記を申請するのです。

不動産会社に査定をしてもらったらかなりの金額に差がある場合も

以上のようにマンションを売却する場合に、すべての売却金額が手元に入ってくるわけではない。

ざっくりではあるが、2500万円のマンションを1800万円で売却した場合、約70万円弱がいろいろな費用としてマイナスとなる。

利益が出る場合、この金額にさらに課税されるわけだ。

売ってお金が入ってくるのに、それを得るためにかなりの金額を払う必要があるというのは納得できないかもしれない。

しかし、ちょっと考えてみよう。このくらいの金額であれば、査定額の範囲でカバーできる場合もある。実際に差定額とは一番下と上では間違いなく幅がある。

何もしないと、みすみす払ってしまう金額をカバーできるかもしれない。絶対に売却するマンションの差定額はきっちり抑える必要があると考えるぞ。

マンション査定・売却サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのマンション査定・売却サイトの3つだよ。

ちなみに私は1番の「ふじたろう」でマンション査定をお願いして無事売却を成功しました。それぞれのサイト、特徴や強いところがあるから、ぜひチェックをしてみてください。

ふじたろう
人工知能「ふじたろう」

「プロパティエージェント株式会社」東証に方法している。安心して利用できることも強み

中古マンションに関する査定ならまずここを頼りたい!と言ってもいいほど。「マンションを売りたい」と思ったら、まず頼っておきたいサイトです。

イエイ
イエイ

提携不動産屋は1000社にも上ると言われ、多くの不動産屋の査定額を一気に見らます。

不動産屋が無理な勧誘をすることを禁止。もしそれがあった場合は契約を解除するという「イエローカード」のシステムを導入しています。

イエウール
イエウール

「イエウール」の大きな特徴として、「提携している不動産屋の数がトップクラス」その数1400社!

査定サイトで1400社という数はかなり多い部類に入ります。自分のお目当ての不動産屋を見つけられる可能性が高く、頼りがいのあるサイトです。


あと、マンション売却って・・・初めてだとどうやっていいかわかりませんよね。そんな時は「マンション査定・売却経験談」をチェックしてみてください。やっぱり他の人の体験談ってめっちゃ参考になるはず。

管理人

マンション売るの考えている時、ホントに街の不動産業者だけの見積もりでいいの?大丈夫それ?本当はいくらで売りたいの?希望額とか無いのかな?業者査定行くにしても、まずはどのくらいの査定額出るか知りたくないですか?

なんの準備もしないで、自分のマンションの査定額も知らないで業者に行くなんて思うツボになるかもしれないよ。

>>査定サイト人工知能「ふじたろう」こちら(完全無料60秒で査定完了)

 

マンション売却のポイント・ノウハウ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る