マンション売却する時は「売却」が得意な不動産屋を選ぶ

マンションを売却する時に、注意したいのが「どこの不動産屋に任せるか」という点です。

マンションの売却は多くの不動産屋が実施していますが、実はここにも注意した方がいいポイントがあります。

知ってる?不動産会社にも得意分野・不得意分野があること

管理者

同じ不動産屋でも、実は得意分野とそうではない分野があります。

一概に不動産屋といっても、「賃貸物件を多く扱っている不動産屋」「競売で物件を購入→自社でリフォームを加えて売りに出す」など、色んな営業形態があるのです。

これは、不動産業界のことをよく知らない人からするとなかなか気づかないですよね。

でも、言われてみれば賃貸物件を紹介している不動産屋に、中古マンションを販売しているところはあまりなかったりします。

これが、不動産業界の問題でもある

管理者

実は、この解りにくさが不動産業界の問題になっています。

不動産売買の免許と言えば「宅地建物取引主任者」という国家資格になりますが、この免許をとればどの仕事でもできてしまうのが実情。

このため、土地を開発することが得意でも、マンション売買が得意でも、賃貸物件しか扱ていなくても、すべて同じ不動産業のくくりになっているのです。

でも、やっていることがぜんぜん違うのにすべてを「不動産業」にされてしまうと、見る側からは「どこを頼ればいいか解らない」ということになってしまうのです。

考えてみてください。

たとえば「土地を売りたい」と思った時、どの不動産屋に行けばいいかなんてわかりませんよね。

そこが賃貸物件専門の不動産屋なら、頼ってもきちんとした対応をしてもらえない可能性があります。

これは、今後解りやすく改善してほしいものです。

マンションを売るなら、マンション売買が得意な業者を選ばなければならない

管理者

もう、お分かりですね?マンション売買を考えているなら、マンション売買が得意な不動産業者に頼まないと意味がありません。

まずは不動産屋をネットで検索してみてください。

そうすると、賃貸物件を扱いながら売買も担当している様な業者がずらりと出てきます。

こういうところだと、少なくとも「不動産売買の実績がある」ということになるので、マンション売買をお願いする時の候補にあげておいてもいいでしょう。

また、チラシや不動産関連の雑誌でもチェックできます。

特に、雑誌だといろいろな不動産屋の物件が掲載されているので一気に不動産屋の情報収集ができるメリットがあります。

そこからマンション売買を頼む不動産屋を選ぶという方法をとることもできます。

いくつかの不動産屋に実際に行ってみて、雰囲気などを比較して「ここにお願いしよう」と決めることができればいいですが、店内に入ったとたん言いくるめてくるような店もあるので、それは注意しなければなりません。

また、売る前に大体の査定額を自分で知っておく必要もあるので、まずはインターネットなどで査定してくれる業者を探し、自分のマンションの査定額を知っておきましょう。

できれば、販売実績のある不動産屋の口コミなども見ておきたいものです。

地域の不動産屋なら、評判を知っている人が近所にいる可能性もあるので、そういうところから評判を調べておくことも必要です。

まとめ

マンションを売るとなると、それは大きなお金が動きます。

そのお金を任せるのですから、「安心して任せることができる業者選びを心がける」ということが必要になってくるでしょう。

「マンションを早く売ってしまいたい!」という人にとっては面倒かもしれませんが、ここをきちんと押さえておかないと大変な損をすることになるかもしれません。

大切な資産を売るのですから、それを任せる不動産業者のことはしっかりと調べて下さいね。