マンション売却の不動産業者を友人紹介などで選んではいけない!

「マンションを売りたいなあ」と思っていたら、友達から「いい不動産屋紹介するよ」などと声がかかることがあります。

はじめて不動産を売る人にとって、マンションを売るというのは緊張しますし、誰を頼っていいかもわかりませんよね。

そんな時に「友達の不動産屋」はとても魅力的にうつるでしょう。

気心知れた友達の紹介となれば「頼りやすい」「知り合いだから、自分に良くしてくれるのでは」という期待が高まります。

しかし、マンション知人の紹介でマンションを売るというようなことは「やめた方がいい」と指摘する人が多いです。

どうしてなのでしょうか?

「お金」に絡むことは、知り合いに頼まない方がいい

「知り合いに不動産屋がいるから、紹介するよ」と言ったり、もしくは自分が不動産業をしているひとが「不動産を売るのを手伝うよ」と言って来るのは、親切心でしょう。

不動産を売ったことがない人にとって、マンションを売るというのはとても大きなことに違いありません。

だからこそ、「できるだけいい条件で売ることができるように」という親切心から声をかけています。

これは、とてもありがたいことですよね。

でも、どんなに親切な気持ちがあったとしても「お金」が絡んでくるのです。

おそらく、相手には「親切」だけでなく「お金のこと」も心にあるでしょう。

これが、後のトラブルになりやすいので注意が必要です。

その人は、本当に不動産売買に詳しい人ですか?

ひとことで「不動産」といっても、そこにはいろいろな業種があります。

土地を売る人、土地を開拓する人、賃貸物件にのみ携わる人…。

本当にいろんなことをやっています。

これは、「一言で不動産屋といっても、それぞれ得意分野がある」ということのあらわれ。

そう、不動産屋のすべてがマンション売買を得意としているわけではないのです。

せっかく不動産屋を紹介してもらっても、相手が「マンション売買をやったことがない不動産屋」だったら、紹介してもらう意味がないのです。

それって本当に不動産屋??

もしかすると、その紹介してもらった相手が「不動産屋」ではなく「ブローカー」である可能性もあります。

フローカーとは、つまり「仲介人」です。

不動産屋とお客さんの間に入って、売買が成立したらお金をもらうのが仲介人です。

相手が「不動産屋」ではなくブローカーだった場合、仲介料を支払わなければならないという事態になってしまうことも…。

余計なお金がかかってしまいますよね。

そもそも、大きなお金が動くところに知人や友達を入れるのはよくありません。

どんなに親しい友達でも、お金が絡むとどうしてももめることがあるので、できるだけ避けた方がいいです。

友達の紹介だと、自分の希望をはっきりと伝えることができない

可能性がある友達の紹介だと、どうしても相手に遠慮してしまうところがありませんか?

「本当はこうしてほしいけれど、友達からの紹介だしはっきり言えない」「遠慮してしまう」ということ、ありますよね。

「自分に良くしてくれるだろう」と思って知り合いに売買をお願いしたとしても、こうして遠慮が出てしまったせいで「強く言えない」「頼みたいことを頼めない」ということになってしまうので、頼まない方がいいのです。

このようなことが、仲のいい関係に亀裂を入れることにもなってしまいますからね。

大切なことだからこそ、マンション売買には友達は介入させない、頼らないということが大切です。

逆に、後から友達に迷惑をかけるようなことになってしまったら申し訳なくなりますし、お金のことで友達やその知人を巻き込むのはよくありません。

どんなにいい話を持ち込まれても、「頼らない」を徹底されておくことをお勧めします。

まとめ

マンション売却に限らずお金のからんでくる問題は友達を入れることは避けたほうがいいでしょう。

特に不動産などが絡む場合、絶対に避ける必要があります。

友人が絡めば、売却額やその後のプライバシーの問題など色々と気にかかることも出てきます。

↓やはり、不動産やマンション売却などはプロに査定をしてもらい、きちんとその道の業者にお願いをすることがよいでしょう。