マンションの一階は査定額が低いのか?高く売れないのか?

マンションの一階は高く売れないのか?

マンションの一階だと、「高く売ることができないのでは」という不安がどうしてもつきまといますよね。

実際にはどうなのか?マンションの一階は本当に高く売ることができないのか?についてまとめました。

一階は何かと問題になりやすい

管理者

実は、マンションの一階というのはなにかと不安が付きまとう場所です。

例えば、マンションの一階はどうしても防犯面で弱いですよね。

一階だと、窓から侵入することが可能です。

鍵をかけていたとしても、もしかしたら窓を割って相手が入ってくるかもしれません。

なので、特に女性は「マンションの一階に住むのはやめておいたほうがいい」と言われます。

防犯面じゃなくても、一階だとプライベート空間がどうしても見えやすいです。

高い壁があって外から見えないようになっている場所ならいいのですが、そういう防犯対策をしてくれているところはまだまだ一部。

もし壁がないと、カーテンを閉め忘れたら部屋の中が外から丸見え、ということもあるので注意しなければなりません。

一階だと虫が入ってきやすいですし、どうしても日当たりも悪くなるので、マンションを買う時にはどうしても「一階は避けたい」という人が多くなってしまいます…。

やはり、トータルで見たときにどうしても一階はデメリットが多く、長い目で見たときに生活がしにくいと判断されてしまいがちです。

最近は水害や津波の心配をする人も増えてきた

管理者

また、最近は「一階だと水害や津波の被害に遭いやすい」ということをデメリットに挙げる人も増えてきました。

土地が低い場所だと、たくさんの雨が降った時にどうしても水害の被害に遭いやすくなります。

また、東日本大震災の影響から「一階だと津波に流されてしまうのではないか」という心配をする人も増えてきました。

東日本大震災では、建物の屋上を覆うほどの高い津波がきています。

それを見ると、一階では心もとないと考える人が出てくるのは仕方のないことです。

津波は海だけでなく川からもやってくることが解っているため、どちらかが近くにあるマンションにも気を付けなければなりません。

このようなデメリットから、どうしても「マンションの部屋を買う時に一階は避けたい、やめたい」という人は多いです。

でも、一階だからこそのメリットもある

管理者

一般的にデメリットの方が多く挙げられがちな一階ですが、ちゃんと「メリット」もあります。

まず、一階の場合は庭がついていることがありますよね。

二階より上だと庭がありませんので、もしガーデニングをしたいという人であれば、一階の部屋を選ぶ可能性もあります。

実際、「庭がある」という理由から一階を選ぶ人も少なくありません。

また、子供に関することもあります。

実際にマンションに住んでみるとわかりますが、二階より上だと「下の階への騒音問題」が思った以上に深刻です。

子供の足音がうるさくて、下の階の人が上の人にクレームを入れる様なこともあり、ご近所トラブルに発展しやすいのです。

でも、一階であればこの「騒音問題」も避けることができます。

あとは、津波さえなければ「地震の時に逃げやすい」ということも一階の大きなメリット。

津波がくると一階は怖いですが、それが無ければさっと外に出て逃げることができるので、「一階は地震に強い」という見方をする人も多いです。

津波が来ない地域であれば、このメリットは大きくなるかもしれません。

まとめ

上の階だと、エレベーターが使えなくなった時が本当に怖いです。

上であればあるほど、下につくまでに時間がかかってしまいますからね。

このようなことを踏まえれば、「一階でもアピールできるポイントは十分にある」ということになります。

もしマンションの一階を売るということなら、このアピールポイントをしっかりと見てもらって、少しでも高い値段で買ってもらうことができるようにしましょう!