マンションの売却手数料が無料?【仲介手数料の無料のからくり】

通常、マンションの売却にはそこそこの費用がかかります。売却代金がすべて売り主の手に入るわけではありません。

いろいろな手数料がかかってくるわけです。

一番大きい費用は仲介手数料

不動産、マンションを売却するときに一番大きな金額がかかるのが、この「仲介手数料」です。当然ですが、不動産会社を通して物件を売買すれば必ず仲介手数料は発生します。

この手数料は、大まかに言うと不動産価格の3%+6万円となっている。

たとえば、その物件価格が4,000万円の場合約126万円の仲介手数料が発生することになる。

ちなみに新築マンションの場合仲介手数料がかからない場合がほとんどだが、実は物件価格にはいっていることも覚えておこう。

さて、一番大きい金額の仲介手数料。100万円もあれば、かなりの家具やヘタすると車を購入することができる金額だ。

しかし、この仲介手数料はいつも、必ず発生するというものではない。この数値は法律上で決められている手数料上限の数値となっている。

上限ということは、0円というものも存在したりする。

仲介手数料の値下げ・交渉

マンション売却による仲介手数料。これは前述のように法律上では上限のみ決められている。

上限のみということは、下限は無料まであるということ。これは不動産会社との交渉により割引、値下げの可能性はあるということ。

当たり前だが、この値下げ交渉は契約締結前にしなくてはいけない。

ところでマンション売買の場合、大きく以下の2つのケースがあります。

  • 仲介業者が1社
  • 仲介業者が2社

仲介業者が1社の場合、売主と買主両方から仲介手数料をもらう事ができ、業界では「両手」と呼ばれている。業者的には一番いいパターンです。

もう一つの仲介業者が2社場合は売主と買主にそれぞれ仲介手数料をもらう事になり業界では「片手」と呼ぶ。

もうわかるかと思います。仲介手数料が「両手」な場合多少交渉しやすくなるというわけだ。

仲介手数料を無料にできる仕組み

仲介手数料というとマンションを購入されるお客様から取るというイメージがある。

当たり前だが、不動産の仲介業務を行ってどこからも仲介手数料をもらわないと会社が成り立ちません。どこからか利益を得る必要がある。

それでは、仲介手数料を無料にできるということはどういうことか。

それは、不動産売買には売主と買主がいるということ。簡単に言ってしまえば売主と買主のどちらか一方から仲介手数料があれば、表面上もう一方の方は無料でもやっていけるという仕組み。

基本的には一定の条件をクリアした物件のみ仲介手数料が無料になる。半額という場合もあるだろう。


いずれにしても、仲介手数料が無料ということはない。どこかで利益を取る必要があるからだ。

なので、無料という言葉に踊らされないようにすることが必要ということだろう。

なぜそれは無料になるのか。なぜそれは半額になるのか。その理由というものをきちんと把握したうえで進めるようにしたい。

無料や半額ということに踊らされないためにも、あなたの所持しているマンションの適正査定額を把握しておくことは本当に大切だ。