「マイソク」というマンションを高く売るための必須アイテムとは何だ?

マンションを売却しよと活動を始めると、「マイソク」という言葉に出会うでしょう。

できるだけ高く売却をしたというのは、すべての売主さんの願いです。高く売却をするコツやノウハウは色々ありますが、その中でもちょっと見落としがちな「マイソク」についてチェックをしてみましょう。

「マイソク」とは何か?

不動産会社がマンションの売却依頼を受けるとマンションの紹介情報を作成します。

基本1枚の広告となります。そこにはマンションの概要、物件の間取り、位置情報などをまとめた資料のことになります。

この資料、広告のことを一般的に「マイソク」とよんでいます。

もともとこの資料を作り始めた業者さんの名前が由来となっているようです。

マイソクに入る内容とは

マイソクは基本的にあなたのマンションの物件内容となります。

あなたのマンションをお客さんにわかりやすく、内容を伝える必要があります。そのマイソクには以下のような内容が記述されます。

  • マンションの間取り図
  • 物件の概要・内容
  • 物件取扱・不動産業者

以上の基本情報は必ず入っています

マイソクはマンションを高く売るために重要

マイソクはあなたのマンションを紹介する重要な広告です。

当たり前ですが、マイソクの内容や紹介などがよければ、たくさんのお客さんに興味が湧くでしょう。またこれを見た他の業者さんのちからの入れ用も違ってくるのは間違いありません。

しかし、実は大体の業者さんは良い内容のマイソクを作るどころか、かなりイマイチな内容が多いのも事実です。

マイソクの作り方ひとつで物件の印象、そしてあたりもかなり違ってきます。

あなたのマンションのマイソクをチェックする

マンションの売却を業者さんにお願いをする場合、その業者さんが作成をしたマイソクは必ず確認をするようにしましょう。

残念なことに不動産業界は、未だにアナログ感が拭い去れません。

マイソクを作る場合もコンピュータを使わず、ノリとハサミを使って切り貼り作成をしているのが現状だったりします。そのようなアナログマイソクでは魅力はかなり薄く、また画像やフォント、全体デザインなども昭和感がある場合も・・・

私達の大切な資産であるマンション売却をお願いするのですから、納得するようなマイソクがほしいのは間違いありません。

そして必ずマイソクを見せてもらうようにしましょう。

どのくらいのレベルのマイソクを作ることができるか、業者さんを見分ける上でも大切なポイントになります。必ず自分の目でチェックをしておきましょう。