関西で住みたい・人気・おすすめの街をまとめ!

中古マンションが高く売れるかどうかは、そのマンションがあるエリアが人気のあるエリアかどうかにかかっています。

当たり前の話しですが、誰もが住みたいと考える街ほど地価もマンションの価格も高いです。

関西ではどんな町が人気なのでしょう?調べてみました。

人気エリア1位は、「西宮北口」

関西でいちばんの人気エリアは、兵庫県の「西宮北口」。

阪急神戸線にある駅ですね。

西宮北口はものすごく人気があるエリアで、何年も人気ナンバーワンを維持しているほどの地域。

なぜ人気なのかというと、このエリアは非常にアクセスがいい場所で、大阪にも神戸にも近いのです。

大阪も、30分あればつくくらいのエリアなので、大阪で働いている人にとっても便利な地域です。

また、西宮エリアには「ららぽーと」など大きなショッピングモールがあり便利なこと、甲子園球場があることからも人気です。

ものすごく都会ではありませんが、子供を育てるには程よく設備が整っていること、アクセスがいいことが人気の理由でしょう。

納得の順位です。

どんどん人気が上昇している「梅田」エリアが2位

次に人気なのが「梅田」エリア。

梅田は、大阪駅周辺と考えると解りやすいです。

「キタ」と呼ばれる場所が梅田界隈ですね。

ちなみに「ミナミ」というと難波や心斎橋周辺になります。

梅田は大阪の中心地であり、オフィス街でもあります。

大阪駅の地下には、大阪の主要地に行くことができる「地下鉄御堂筋線」があり、大阪の要となる場所と言っていいでしょう。

大丸やヨドバシカメラといった大きなお店もあり、近くには阪神もあるので、観光客がお買い物をするポイントとしても人気。

それだけに、土地代は非常に高く住むことができるのは本当に一握りです。

ただ、このエリアにもタワーマンションが増えており、そのこともあって「住みたい街」としての人気は拡大中。

最近は、一位の「西宮北口」に迫る勢いで人気が伸びていると言います。

確かに、梅田界隈に住むことが出来たら色々と便利ですね。

意外?難波や天王寺エリアの人気が拡大中

その次に人気と言われているのが、「ミナミ」と呼ばれるエリア。

「ミナミ」は、難波や心斎橋・天王寺界隈ですね。

このエリアも、ファッション関係のお店がたくさんあるかなり人気のエリアになります。

心斎橋は、有名なグリコの看板やカニ道楽があり、道頓堀があるエリア。

最近は大型のファッションモールも増え、若者に人気のエリアとして需要が拡大しています。

このエリアは治安の問題から「良くない」とされてきましたが、動物園や通天閣といった見どころがあることや、外国人にも人気の道頓堀があることから、再開発がされてきました。

今後もこのエリアは人気の上昇が見込めます。

ここまで見ても解る通り、関西で「住みたい場所」はやはり大阪が中心ですね。

まとめ

大阪は関西の主要都市であり、近隣の京都や神戸と言った地域へのアクセスもいいので、住みたいまちとして人気が上るのは納得です。

ただ、どのエリアも地価は非常に高いので、実際に住むとなると富裕層のみとなってしまうことが現実。

それだけでなく、これらの場所には空いている土地が少ないので、どうしても住むのであれば「タワーマンション」ということになってしまいます。

地価が高いからこそ、このエリアで中古マンションがあれば需要は非常にありそうですね。

ただでさえ土地が高いエリアですから、できれば中古でいい物件を探したいと考える人がいるのも当然です。

今は地方で空き家が増えているという報道があり、このランキングに入ったような町の人気はますます拡大していくのではないでしょうか?今後のランキングや、その変動にも注目です。

ランキング次第では、中古マンションの需要にも変化があるかもしれません。