マンション売却における「つなぎ融資」とは何?

マンション売却の際に使用されることの多い「つなぎ融資」とはどういったものでしょう?

どんな時に使えるものなのか、その使用方法などについてまとめてみました。

一戸建て購入の時にも使用される「つなぎ融資」とは

「つなぎ融資」は、一戸建て購入の際にも使用されることがあります。

一戸建てで注文住宅を建てる場合、「購入する」と決めてから建設をしはじめますよね。

でも、実は住宅ローンというのは「物件が完成してから組むことができるローン」なのです。

銀行からお金を借りる場合、土地と家が担保になるので、家が建っていなければもちろんローンを組むことはできません。

つまり、家が完成するまで待たなければならないのです。

でも、家が完成するまでにも土地代など「支払わなければならないお金」は発生するわけで、その間に融資を受けることを「つなぎ融資」と呼んでいます。

つなぎ融資では、住宅ローンが降りるまでの間に融資を受け、実際に住宅ローンがおりたら清算するという方法を取ります。

ただ、金融機関の中には「条件さえ満たせば、家が建っていなくても住宅ローンを組むことができる」というところもあるそうなので、この限りではありません。

では、マンション売却の場合の「つなぎ融資」とは?

マンション売却の場合も「つなぎ融資」が使われますが、それは一戸建てで言われるつなぎ融資とは少し意味が違います。

マンションを売却する場合、新たな住居を買うこともありますよね。

売却が完了すればお金が入りますが、買い手がついて売れるまではお金が手元に入りません。

でも、その間に新居のためにかかる費用は出ていきます。

その時に「つなぎ融資」で融資を受けるという方法があります。

売れた時に入る分のお金を計算し、そのぶんを「つなぎ融資」として融資してもらい、実際にマンションが売れてお金が入ったら精算するという方法ですね。

この方法をとることで、出費の心配なくローンを組むことができますので、お勧めです。

手数料が無駄にならないというメリットも

住み替えをする場合、マンションを売るよりも先に新しい家を決めなければなりません。

その時、まるまる住宅ローンを組んでしまうと当然のことながら手数料は高くなってしまいます。

でも、マンションを売った時のお金があれば手数料を減らすことができますよね。

「つなぎ融資」では、この手数料を減らすことができるというメリットがあります。

「つなぎ融資」はどうやったら受けることができるの?

「つなぎ融資を受けたい」と思ったら、まず必要なのは不動産屋に相談することです。

そこで売りたいマンションの査定を受け、その金額の大体7割程度が「つなぎ融資」で借りることができる額になると言われています。

ただし、つなぎ融資もタダでしてもらえるわけではなく、そこには手数料なども発生するので「できるだけ無駄な支出を抑えたい」という場合は、つなぎ融資を受けずに引越しをする方法を考えなくてはなりません。

その場合は、売却先をできるだけ早くに見つけることや、一時的に仮住まいができるような場所を確保する必要がありますので、どのような方法がいちばんいいのかを家族や不動産屋と相談しましょう。

「つなぎ融資」はとても便利なものですが、やはり手数料のことを考えて「避けたい」という人がいるのも現実です。

しかし、どうしても必要だと判断した場合は、手数料を割り切って支払う選択をすることも必要になりますので、よく話し合いましょう。

こういった方法を取るかどうかを考えることも、マンション売却の難しさと言えるのかもしれません。

よく考えて、自分たちにとって一番ベストな方法を選択していくことが必要です。