買い主のマンション見学に予定を合わせるメリットは計り知れない

マンション売却を考えているあなた・・・今週末のご予定はありますか?

基本的にマンションを売却する場合、その物件は商品です。商品を売る場合お客さんがいます。

日用品を買うとはワケが違う不動産という商品。その商品を見たいと考えている買い主さんが内覧、見学希望がある場合、最大限答える必要があると考えます。

内覧・見学の予定は大体が週末の土日に集中

買い主さんが内覧・見学を希望するのはほぼ間違いなく、そのほとんどが週末になります。

逆の場合、あなたもそのマンションを売却するということは、別のところへ行くのですよね?その別のところ、マンションでしょうか、一軒家でしょうか、アパートでしょうか、いずれにしても、その物件を見に行く予定は週末ではありませんか?

そう、ほとんどの一般的な方は週末土日に内覧が集中することが多いです。

さて、ちょっと考えてみてください。貴重な週末、大切なお休みの時間を割いて、内覧・見学をする場合・・・あなたのマンションだけで終了をすると思いますか?

ほぼ間違いなく、複数の物件を閲覧するでしょう。

そのような場合、あなたは自分の用事を優先してお客様の大切な見学の機会をキャンセルしますか?

次の週末というのは1週間あきます。

1週間空いて、一回断られたところを再度閲覧しに来るでしょうか。

このようなことは一期一会です。その土日にチャンスが失われた場合、次は無いと考えるほうが間違いありません。

で、あればマンション売却を考えている場合、制約をするまで、週末はなんとしても空けておく・・・そのくらいの気構えでいるほうが間違いないでしょう。

見学の予定に対して柔軟に対応する

マンション売却を決断した時から、あなたは売主です。いってしまえば、その時ばかりはビジネスオーナーになります。

できるだけ早く、できるだけ高い値段で自身の物件を売りさばくため、お客様の意向に合わせるのは必然になる。

一生続くわけではありません。逆に、その土日に予定をしていた買い物や出かける予定を1回ずらしただけで成約につながる可能性がある。

その可能性をみすみす逃すのはやはりどうかと思う。

買い主さんに権限がある以上、その買い主さんの気持ちをどのようにつかむか、さらに言えば、その買い主さんとの会えるチャンスを逃すのは非常にもったいない。

そのようなことを考えれば、マンションを無事に売却できるまでは、多少の土日の予定は買い主さんの見学予定に合わせるということは大切なことだろう。

すべてはタイミング

あなたのこれまでのよい経験を思い出してほしい。

もちろんあなたの努力も、あなたの準備ということもあるだろう。

しかし、けっこうウマく行ったことというのはタイミングというのは重要なファクターだ。

週末に何か予定がある場合、ちょっと考えてほしい。それは今やらなくては行けないことか?今日やる必要のあることか?

そのために、買い主さんからの見学オファーを断っていいものか?

ウマく行く場合、やはりタイミングは重要。そのタイミングを失うことで、あとあとずるずると悪いほうへ行く場合もある。

何事も早いほうがいい、できるだけ早期に決まることはいいこと。

なので、スタートが大切。特に売却を決意した直近は、買い主さんの見学予定に対して全精力を傾け合わせると良いかと思うくらいだ。

タイミングを絶対に逃さないでほしい。

結局物事はやった数と数字

最初の1回の見学で決まるというのは、本当に稀。

それはそれで、すばらしいタイミングに出会ったと感謝をしよう。

逆に、簡単に決まらないのが世の常。

で、あれば、私たち売主にできることは、数を行うこと。見学回数を増やせれば絶対に有利だ。

数を重ねることで、見学や内覧に対するノウハウも蓄積できる。

心の余裕も持てるというものだ。そしてもう一つ大切なのは、物件の正確な差定額。

きちんとした数字を把握したうえで、ある程度の数をこなせれば、後は時間が解決をしてくれるのではないだろうか?