マンション売却|契約時に必要な5つのものチェック!

マンション査定の7つのコツ|査定額を上げ高く売るならココ!

マンション売却|契約時に必要な5つのものチェック!

読了までの目安時間:約 3分

 


マンション売却|契約時に必要な5つのものチェック!

マンション売却を考え、そこから販促活動を行い、無事に売却にこぎつけました。

売却の契約を明日に控え、なかなか緊張する場面を迎えます。

さて、マンション売却の契約に際して、必要なものが揃っているか最終確認をしましょう。

印鑑(実印)

マンション売却の契約書に押す印鑑が必ず必要になります。実印を必ず持参をしましょう。

正確には実印ではなく、認印でも大丈夫です。実印でなければならないという法的な規則などはとくになりません。認印でも売買契約は成立をします。

しかし、基本的には実印の持参となります。理由としては売り主の証明として必要になるから。

また所有者移転登記のときに称号をしやすいなどの理由があります。以上より実印が必要になると思いましょう。

印鑑証明書

実印と住所の確認のために印鑑証明書が必要になります。

古いものではいけません。必ず3ヶ月以内の証明書を用意します。

権利証・登記識別情報通知書

一般的に「権利証」と呼ばれている登記済証とは、今回売却をするマンションの所有者かということを証明、確認できるものとなります。

この権利証は紛失などしてしまうと、再発行することはできませんので、大切に保管をしておく必要があります。

身分証明書

マンション売却をする方が本当に売り主本人かということを、証明するものとなります。

身分証明書として利用できるものは以下があります。

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート

マンション売買の契約を締結するときには、売り主当事者は必ず本人確認書類を持参する必要があります。

印紙代(現金)

契約書に貼り付ける印紙の代金を現金で持っていく必要があります。

  • 1,000万円-5,000万円以下:1万円
  • 5,000万円-1億円以下:3万円
  • 1億円-5億円:6万円

通常、契約書は売主側と買主側の2通を作ります。印紙は2枚必要ですが、それぞれで折半をしますので1枚分でOKです。

印紙には不動産業者が用意しますので、その代金としての現金を持っていけば問題ありません。

マンション査定・売却サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのマンション査定・売却サイトの3つだよ。

ちなみに私は1番の「ふじたろう」でマンション査定をお願いして無事売却を成功しました。それぞれのサイト、特徴や強いところがあるから、ぜひチェックをしてみてください。

ふじたろう
人工知能「ふじたろう」

「プロパティエージェント株式会社」東証に方法している。安心して利用できることも強み

中古マンションに関する査定ならまずここを頼りたい!と言ってもいいほど。「マンションを売りたい」と思ったら、まず頼っておきたいサイトです。

イエイ
イエイ

提携不動産屋は1000社にも上ると言われ、多くの不動産屋の査定額を一気に見らます。

不動産屋が無理な勧誘をすることを禁止。もしそれがあった場合は契約を解除するという「イエローカード」のシステムを導入しています。

イエウール
イエウール

「イエウール」の大きな特徴として、「提携している不動産屋の数がトップクラス」その数1400社!

査定サイトで1400社という数はかなり多い部類に入ります。自分のお目当ての不動産屋を見つけられる可能性が高く、頼りがいのあるサイトです。


あと、マンション売却って・・・初めてだとどうやっていいかわかりませんよね。そんな時は「マンション査定・売却経験談」をチェックしてみてください。やっぱり他の人の体験談ってめっちゃ参考になるはず。

管理人

マンション売るの考えている時、ホントに街の不動産業者だけの見積もりでいいの?大丈夫それ?本当はいくらで売りたいの?希望額とか無いのかな?業者査定行くにしても、まずはどのくらいの査定額出るか知りたくないですか?

なんの準備もしないで、自分のマンションの査定額も知らないで業者に行くなんて思うツボになるかもしれないよ。

>>査定サイト人工知能「ふじたろう」こちら(完全無料60秒で査定完了)

 

マンション売却で注意すること

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る