マンション査定額を見るときの注意とポイント

マンションの査定を不動産会社にお願いした時、そこから算出された査定額はどう見たらいいのでしょうか?

査定額を見るときの注意点についてまとめてみました。

高い査定を出してくれたところがいいとことは限らない

いろんな不動産業者に査定をお願いしたとき、ものすごく高い査定額を出してくれた業者がいたとします。

売り手は「できるだけ高い金額で売ってほしい」と考える人がほとんどなので、査定額を高く出してくれたところをみると「ここにお願いしたい!」という気持ちが強くなるでしょう。

でも、ここに注意点があります。

他にもたくさんの不動産業差があって、そこまで高い査定額がついていないのに、どうして一社だけがこんなに高い金額をつけたのでしょうか?

不動産業者によって査定額が異なるのは当然ですし、場合によっては大きく差が開くことがないとは言えません。

でも、明らかに一社だけが高すぎるほどの査定額をつけているときは、注意が必要です。

そういう業者は、「高く売れますよ」という査定額を出して売る側の目を引きつけ、いざ売りに出してみて売れなかったら「売れないので金額を安くしましょう」と言うことを狙っています。

ほとんどの業者が500万の査定を出しているのに、一軒だけが1000万円の査定額をつけたとします。

その物件が、本当に1000万円で売れると思いますか?まず、売れないことがほとんどではないでしょうか。

1000万円で売りに出したら、売れない売れないと思っている間に査定価格がまた下がり、最終的には当時の平均より安い400万円で売ることになった…なんてこともあるかもしれないのです。

これって、すごい損だと思いませんか?高すぎる査定額を持ってくる業者には注意です!

査定額は色々な業者のものを参考にすること

査定額は、ひとつではなくいくつかのものを参考にされることをお勧めします。

というのも、わずかな差であっても査定額って不動産業者によって違いが出てくるため。

上述したように、明らかに高すぎる査定額をつける不動産業者は信用しがたいですが、少しでも高い査定額をつけてくれるような業者にお願いしたい…という場合は、やはり業者の比較は必須です。

今すぐ売るわけではないという場合でなければ、訪問してもらわなくても条件を提示するだけである程度の査定額を出してもらえるところもあります。

こういうところを利用して、おおまかな査定額を比較しておくのもいいでしょう。

大切なマンションですから、少しでも高いお値段で売れるように色々と工夫をされてみてくださいね。

オンライン査定は一度は利用してみる価値アリ

最近は、インターネット上でマンションの一括査定をしてくれるところも増えてきました。

このインターネット査定、意外と重要なのです。

訪問査定をしてしまうと、あとからほかの業者で売りたいと思った時に断りにくいですよね。

一度来てもらって査定をしてもらったことがあるだけに、「やっぱり別なところにお願いします」とは言いにくいです。

相手が人の好さそうな人なら、なおさら「やっぱり他の所で」とは言いずらいです。

訪問査定だと、こういうことが起きるために「なかなか踏み切れない」という人が結構います。

後から断る手間を考えると、辛いということなのでしょう。

なので、まずはインターネットの一括査定で査定額を比較してみる…という人も増えているそう。

インターネットの一括査定なら、あちらから出向いてもらう必要がないのでしがらみがありませんし、大まかな数字ではありますが大体の査定額を知ることもできます。

まずは、このインターネット査定から査定をしてもらいませんか?大体の資産価値を知ってから売る・占いを決めても遅くはないはずです。