マンション売却は築10年以内がいい?「10年」が重要になっている

「中古マンションを売りに出す時は、築10年以内にすること」と言われるようになってきました。

どうして10年なのか?その理由に迫ります。

中古マンションを購入しようとしている人の多くが「築10年」を目安にしています

管理者

中古マンションを探している人も、やはり「できるだけ新しいマンションがいい」と考えているようです。

多くが「築10年以内のマンションがいい」と考えており、それ以降になると「欲しい」と考えている人ががくんと少なくなってしまいます。

「築10年」でもギリギリで、出来れば築年数が一桁台のマンションがいいと考えている人も多いとか。

人気のエリアであれば築10年以上でも売れる可能性がありますが、そうではない場合は「築10年を越えないうちに売却を考える」という必要がありそうです。

市場での評価をみると、築10年と築11年の間には大きな違いがありそうです。

マンションを売る場合は、できるだけ築浅の状態で売るようにした方が、買い手が付きやすくなるでしょう。

古いマンションは設備が古い

管理者

築浅マンションの人気が高い理由として、やはり物件が古くなってくると設備も古くなってくるということがあるようです。

新築の分譲マンションを見ると、なかの設備はすべてが最新型。

お風呂の温度管理からキッチンの形まで、その時代に人気が最新のものを取り入れています。

それと比べると、築年数が10年を超えたマンションというのはどうしても古臭さが漂います。

賃貸物件なら住み替えができますが、購入するとなると一生住むことになるため、買う方としては「少しでも新しいマンションがいい」と考えるのは当然ですよね。

そして、このような理由を見ても「築年数が10年を越えたマンションを売るのは大変」ということになるでしょう。

築11年~が不利になる理由は他にもある!

築年数が10年を超えているからと言って、何もかもがダメなわけではありません。

駅に近いとか、住んでいるマンション周辺に便利な施設があるとか、そういうことがあればアピールできるところはたくさんあります。

中古マンションを探している人も、駅に近いなどのメリットがあれば築年数が多少古くても「買おうかな」という気持ちになるかもしれません。

でも!でも、です。

大抵の不動産屋のサイトでは、「築10年」と「それ以降」に区切られてしまっています。

つまり、「築10年」で検索をされた場合は、どんなにお得なマンションでも「一覧に表示されない」ということに…。

魅力あるマンションなのに、表示すらされないなんて辛いですよね。

ここでも、築11年以降は不利になってしまうのです。

どう売るかを不動産屋と一緒に考えましょう

管理者

たった一年の差でも、「築10年」「築11年」の間には大きな差があるということを意識しましょう。

その上で、どう売っていくかです。

近所にオススメの後援や施設がある場合は、それを画像付きで紹介して「こんなに便利なものが近くにありますよ!」とアピールする。

部屋が広い場合は、これも写真を撮影して「こんなに広いですよ」と伝える。

「築年数は古いけれど、いい物件なのです」ということを、相手に間違いなくアピールしていくことができるように、不動産屋と協議していくことが必要です。

「自分のマンションのいいところを、どこまでアピールできるか、相手に伝えることができるか」が重要なカギだと考えて下さい。

まとめ

「築10年以上という条件が不利なら、他で有利になりそうな条件を持ってきてカバーする」という工夫は本当に大切です。

そして、「売りたい」と思ったら築年数がそれ以上増えないうちにサッと売ること。

マンションを高く売るには、行動する時期とアピールの仕方が重要になってくるというのがよく解りますね。