マンションを売るのに有利な時期ってあるの?【春1-3月・秋9-11月】

どうせマンションを売るなら、高く売りたい!と考えている人は、ちょっとだけ「季節」を意識してみることをお勧めします。

必ずというわけではありませんが、もしかしたら時期を選ぶことでマンションを高く売ることができるかもしれません。

1~3月は新生活に備えてマンション需要が高くなります!

マンションの相場が1~3月に高くなるのは、実は賃貸マンションをみるとよくわかります。

管理者

学生でも社会人でもそうですが、「4月」というのは新生活のはじまり。

大学生活を3月に終えた子なら、4月から社会人という節目を迎えるシーズンになります。

このため、新しい生活をはじめるために物件を探す人が多くなり、早いひとだと1月くらいから現地を見てマンション選びをしています。

賃貸マンションに比べれば、中古マンションはそこまで時期に変動はないと言われていますが、この時期には多くの人が物件探しを始めるので、出しておけば色んな人に見てもらえる可能性は高くなるでしょう。

社会人だと、大体1~3月に辞令がでやすくなりますよね。

最近は時期に関係なく辞令が出る企業も増えていますが、やはり「4月から新しい職場での勤務」と区切るところは多いです。

なので、この手前に当たる1~3月はとにかくマンションを探す人が増えます。

いい物件から早くになくなっていきますし、場所によってはマンションの数自体が少なく、早めに物件がなくなってしまうということもあるので、年明けの1月から動いている人も多いです。

9~11月も人気シーズン

マンションを買うと、ついてまわるのが「引越し」です。

真夏だと暑いですし、冬だと雪が降って引っ越しどころではないという地域もあるので、それを意識して9~11月に物件を購入するという人も(9月は台風で大変な土地もありますが)。

また、このシーズンは「年内に引っ越しを済ませたい」という人が動く時期でもあります。

12月になると寒くなりますし、お正月を迎えることもあって忙しくなりますので、その前にマンションを買って引っ越しを済ませておきたいという気持ちがあるのでしょう。

この時期に引っ越しを済ませることで、お正月を新しい家で迎えることもできるのも大きいです。

中古マンションは、シーズンよりも都市計画重視?

管理者

賃貸マンションと比較して、中古マンションは若干の違いはあるかもしれませんが、一年を通してそこまでの価格差は出ないと考えていいでしょう。

もちろん、場所によっては例外がある可能性もあるので一概には言えません。

ただ、シーズンを意識するよりは「都市計画がどうなっているか」を見て販売計画を立てた方が高く売れる可能性は高まります。

マンション売却を急いでいないという場合なら、その土地付近の都市計画を調べてみてください。

大きなショッピングモールができるなどのエリア開発があれば、後に近隣の土地価格が上がり、マンションの価値が高くなることもあります。

特に、地方の郊外だとある日突然大きなショッピングモールの計画が発表されることもありますよね。

こういうことがあるなら、実際に値段が上がってから売った方が得です。

ショッピングモールが近くにできることで、マンションの便利さがぐんとアップしますので、高いお値段がつきやすくなるのです。

まとめ

マンション売却を念頭に置いてあるのであれば、とりあえず、まず最初にすべきことは「査定を受けること」。

そして、今現在の自分のマンションの価値を知ることです。

そこからどうやったら高く売ることができるのかは、エリア開発の可能性などを踏まえて検討されていくことをお勧めします。

もし、これ以上価値が上がらないと踏んだ場合は早く販売してしまった方が得なこともありますので、情報集めをしながらマンションをいつ売るべきかを模索しましょう!