マンション買い替えのタイミングとベストな方法・ポイント

マンション査定の7つのコツ|査定額を上げ高く売るならココ!

マンション買い替えのタイミングとベストな方法・ポイント

読了までの目安時間:約 7分

 


マンション買い替えのタイミングとベストな方法・ポイント

マンションの売却を決意するのと同時に、考えなくてはいけないことが、次の住まいを見つけることです。一般的にマンションを売却をする人のほとんどがマンション買い替えをします。

そのような場合、一番考えてしまうのが新しいマンションをどうするか?売却するマンションの順番を先にするか、あとにするか?・・・という問題です。

マンションを売却するということは、今の住んでいるところがなくなるのですから、新たに住まいが必要になります。

しかし、売却を先にするか、新しいマンションを先に買うかで、そのスケジュールなどはかなり違ってくることはわかるはずです。

それぞれの考え方をチェックしてみよう。

マンションを先に売却するメリット

自宅となっているマンションを先に売却する順番です。売却先行は一般的に見て、どなたにもオススメができる一番いいスタイルです。

なぜなら、売却にしっかりと時間を書けることができるのがメリットです。自宅の売却を行ってから新しい物件を購入する順番で一番スタンダードなやり方。

また今のマンションを先に売却することで、マンションが売れないかもしれないというリスクが最小限になります。

先に新しい物件を購入してしまうと、時間的なものも負担になり、はやく既存物件処分に走ります。値引きにも安易に応じてしまい、予想以上の安値になることもあるでしょう。

そのようなことを回避するためにも先にマンションを売却するという流れは、メリットがあるといえるでしょう。

さらに、あなたのマンションが物件的に少々不利な場合・・・たとえば「日当たりがいまいち」「駅から少々遠い」「低層階」などなそ、ちょっと不利な条件が並ぶ場合であれば、なおさらそのマンション売却を先に行うべきです。

マイナスポイントを抱えたまま、新しい物件に手を出すと、ちょっとやばい事になるかもしれません。とにかくあなたのマンションにウィークポイントがある時には、必ず売却を先行させましょう。

そして、この売却先行の場合、次に住む場所のチェックも同時に行う必要があります。

それでも売り急ぐ必要が抑えられるので、マイナスポイントのあるマンションや、安く売りたくない場合などは、ぜひ先行売却です。

先にマンションを購入をするための条件は?

上記売却先行の逆で購入先行というパターンもあります。しかし、新しいマンションを先に購入するという方は、非常に限られてくることも事実です。

まずどのような方が先行購入ができるかといえば・・・以下の2つのパターンとなります。

本当に気に入る物件がある

余裕がある場合、非常に良いパターンです。じっくりと時間をかけて購入物件を探すという方です。買い急ぎということがないため、自身が気に入る物件が出るまで、しっかりとリサーチできます。

ほんとうに気に入る物件を見つけた場合は、この先行購入は視野にいれるといいでしょう。

しかし、非常にリスクが有ること頭にとめておきましょう。

いずれにしても新しいマンションの購入資金を先行して準備する必要があるため、ある程度の資金的余裕が必要になります。

先に新しいマンションがあるという余裕はありますが、それは古い方も持っていることになるわけで、売却価格も決まっていない状態がある程度続くことも意味しています。

古い方のマンションがさばけなければ売却額が確定もできず、資金などの計画が非常に不安になることがあげられるでしょう。

あなたのマンションが人気のエリアで、しっかりとした査定額の算出、また駅が近いなどの有利な場合などはいいかもしれません。

売却マンションに住宅ローン残債無し

あなたのマンションにローン残債無しであるなら、先行購入を視野に入れてもいいでしょう。

先に売却をした場合、新しい住み場所をさがすのも、やはり一苦労。前述のように気に入った物件を探すのはけっこう大変です。

また物件を先に売ってしまうと、新しい住居探しの時間はかなり限られてくることも事実。

住宅ローン残債無しという条件であれば、気に入った物件を探すことを優先することはいいことです。

新しい物件との2重ローンになることもないので、非常に有利にすすめることができます。

いずれにしてもローンがないのであれば、今よりも良い物件をしっかりと探して、新しい住まいをきちんと確保してから売りに出す順番がよいでしょう。

マンション買い替えの理想はいったん賃貸へ

前述した「売却先行」「購入先行」も、どちらもメリットとデメリットがあります。その両方をできるだけリスクを負わずに何とかする方法が一旦仮住まいに移動することになります。

買い替え前提であれば、その賃貸住まいも長い期間になることはありません。最初にそのように決めてしまえば心の余裕もあるでしょう。

マンション売却にあたり、購入をしようと思っている買主はそのほとんどが「すぐに住みたい」と思っている人が多い。

そんな時に売り主のあなたが次の住まい探しで引き渡しが遅れるというのは、条件的に非常によくありません。特に新しい住処が決まっていないという条件はあやふやすぎ。きらわれるでしょう。

そのような状態であれば、一旦売却マンションを出てしまったほうが、次のマンション購入にも余裕が出ます。多少のコストはかかりますが、マンション売却に関しても、新しいマンション購入に関しても、双方納得できる物件を探すことに時間を使えます。

長期間住むわけではないのであれば、条件を下げ安い仮住まいも探しやすいと考えられます。

良いマンション売却の取引を行うためには心の余裕と時間をしっかり使うということにあります。

まとめ

いい不動産取引、マンション売却は「時間に余裕を持つ」「あせらない」ということにつきます。

やり方の前後や、流れの前後で不動産の価格というものは数十万、下手すると百万以上の金額差が出ることもしばしば。

時期や景気なども加味すると、びっくりするほどの差がでる場合もあるでしょう。そのようなことがないよう、自身でのマンション査定額チェックは怠りないようにしておきたいものです。

マンション査定・売却サイト:おすすめベスト3

管理者

とりあえずウチでオススメのマンション査定・売却サイトの3つだよ。

ちなみに私は1番の「ふじたろう」でマンション査定をお願いして無事売却を成功しました。それぞれのサイト、特徴や強いところがあるから、ぜひチェックをしてみてください。

ふじたろう
人工知能「ふじたろう」

「プロパティエージェント株式会社」東証に方法している。安心して利用できることも強み

中古マンションに関する査定ならまずここを頼りたい!と言ってもいいほど。「マンションを売りたい」と思ったら、まず頼っておきたいサイトです。

イエイ
イエイ

提携不動産屋は1000社にも上ると言われ、多くの不動産屋の査定額を一気に見らます。

不動産屋が無理な勧誘をすることを禁止。もしそれがあった場合は契約を解除するという「イエローカード」のシステムを導入しています。

イエウール
イエウール

「イエウール」の大きな特徴として、「提携している不動産屋の数がトップクラス」その数1400社!

査定サイトで1400社という数はかなり多い部類に入ります。自分のお目当ての不動産屋を見つけられる可能性が高く、頼りがいのあるサイトです。


あと、マンション売却って・・・初めてだとどうやっていいかわかりませんよね。そんな時は「マンション査定・売却経験談」をチェックしてみてください。やっぱり他の人の体験談ってめっちゃ参考になるはず。

管理人

マンション売るの考えている時、ホントに街の不動産業者だけの見積もりでいいの?大丈夫それ?本当はいくらで売りたいの?希望額とか無いのかな?業者査定行くにしても、まずはどのくらいの査定額出るか知りたくないですか?

なんの準備もしないで、自分のマンションの査定額も知らないで業者に行くなんて思うツボになるかもしれないよ。

>>査定サイト人工知能「ふじたろう」こちら(完全無料60秒で査定完了)

 

マンション売却のポイント・ノウハウ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る